カルティエの書籍 〜 ブランド品

main_top_over_navi
main_top

カルティエの書籍


カルティエに関する書籍は数多く出版されています。しかし、ほとんどが洋書です。特にパリのプチパレで行なわれた宝飾美術展の後に出版された内容の書籍が多く出ているようです。ちなみに、カルティエの宝飾美術展は、1995年に日本の東京都庭園美術館でも開催されました。カルティエに関する書籍の内容は、現在のコレクションと過去に行なわれたコレクションとに分類されています。内容は、宝飾品や時計類に関するものが主です。

カルティエ関連の書籍で良書をご紹介します。
1995年に出版された「フランス宝飾芸術の世界展・カルティエコレクション絢爛祝欄のジュエリー」は、東京都庭園美術館で開催されたカルティエ展の解説が日本語で書かれています。ページ数は418ページという膨大なものですが、現在では入手困難な一冊です。

George Gordonが書いた「A CENTURY OF CARTIER WRISTWATCHES」は、520ページという大著で、時計のみの本となっています。モデルの制作年代やキャリバーの製造元・写真などが紹介されており、本物を見分ける力がつく一冊ではないいでしょうか。

カルティエファンでしたら、以上の2冊は知っていただくか一度読んで頂きたい書籍です。他にもいろいろと出版されていますので、お気に入りの一冊を見つけるのもよいものですね。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2016 ブランド品 All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - トイプードル & ゴルフスイング & Thanks -

専用ジェット機のチャーター